Keith/キース Trever of International jp

寝てばかりの黒ラブ「キース」とオーナーの日常

2012年07月

夏のお酒 飛騨の涼風 純米吟醸

家族で奥飛騨温泉郷(福地温泉)に行く途中で買いました
【銘 柄】 「飛騨の涼風 純米吟醸」
【酒造蔵】 有限会社 蒲酒造場 岐阜県飛騨市古川町壱之町6-6
【味わい】 
お店の方に味を聞いたんだけど、期待する答えがないからパッケージで選ぶんじゃなかった。典型的な高山の日本酒の味です。辛口なのですが、日本酒の香りやコクが少なく辛みが後まで口に残るのです。高山のお酒はどちらかというとみんなこのような味の傾向で、もう少し酒の香りやコクが欲しいものです。
【favorite】★★

夏のお酒 天の戸 Land of Water

梅雨も明けて夏本番 あちいときには日本酒はちょっと厳しいかも
【銘 柄】 「天の戸 純米吟醸生酒 Land of Water」
【酒造蔵】 浅舞酒造株式会社 秋田県横手市平鹿町浅舞字浅舞388番地
【味わい】 
夏向きの生酒の典型で、サラリ系で尚且つ少し辛口のお酒です。純米吟醸ですからさほど酸味は強くなく癖のない呑み口です。夏向きだから仕方ありませんが日本酒党としてはある程度の香りと旨味がほしいところです。もう少し夏といえどもパンチがほしいものです。
【favorite】★★★

夏のお酒 八海山 特別純米原酒

やたらと呑み方に注文の多い酒
【銘 柄】 「八海山 特別純米生原酒」
【酒造蔵】 八海醸造株式会社 新潟県南魚沼市長森1051番地
【味わい】 
最近ではすっかりメジャーなお酒になってしまいました。"暑い夏の日によく冷してお召し上がりいただくことを想定して、冷やしても深い味わいと清涼感のある香り"がコンセプトだそうで、「氷温(マイナス温度)」で呑めだと。お酒は嗜好品ですから、呑む人が好きに呑みゃいいんです。大きなお世話だい。確かにすっきり系で辛口ではありますが、やたらと後まで口中に酸味が残ります。純米だから酸味はいいのですが、その酸味の中に渋みを感じます。
【favorite】★★★

私が一番好きなことは実は 弓道 なんです

久し振りに弓具を出してお手入れ。高校で弓道を始め、鎌倉市営弓道場で当時の先生方から立ち居振る舞いを厳しく指導されたことが懐かしく思い起こされます。その後大学でも入学式の前から体育会弓道部に所属して弓道一筋の生活でした。社会人になってからも転勤先の道場に通ったり休んだりと回り道をしながら、この7年近く遠ざかっていましたがぼちぼち再始動の準備をしようと考えています。最近ネットでいろいろと弓道関係のことを検索すると、今の方は、流派弓道はもちろん昔からの道具に対する知識も無いのですね。鎌倉で弓道を始めたせいか小笠原流の方が多く、また、名古屋でも3年間道場に通いましたが師範の先生が尾州竹林流の方でしたので、意外と流派弓道にも違和感なく接していました。
【道具のご紹介】
< 弓 >
a0053fca

左から久保田 銘の竹弓、グラス、カーボンの弓

< 矢 >
DSCN0695

左から、犬鷲尾羽の竹矢、磯鷲尾羽のジュラルミン矢、七面鳥の羽のジュラルミン矢、ゴム羽の遠的ジュラルミン矢、お矢だい(競射の順番を決めるもので名古屋特有!?)、大昔の犬鷲の石打、右端の2本は巻藁矢
現在はワシントン条約で、鷹や鷲の羽根は輸入できないので鷹や鷲矢羽は手に入れることができません。
写真の矢で羽根の間に白い線や、点が描かれているのは学生のころの名残で、矢によって飛び方に癖があったり、試合に使う際に選びやすいように印をつけていました。


< 矢筒 >
DSCN0701
左二つは籐編の矢筒、真ん中のものは自作
(St' Pauls:立大の英語名称St' Pauls universityのこと

< 弽(ゆがけ) >
DSCN0702
DSCN0706

小笠原流 諸弽(もろがけ)紫一本継指 輝則(初代 村松 銀蔵)作
親指に紐を一巻きするのが習いです。

初めに使った三つ弽も輝則です

押手弽:左手を怪我したときなどに使うもので、普段使うものではありません。
因みに、流鏑馬では両手に手袋状の騎射弽を付けます
DSCN0710

< 小物類 >
DSCN0711
上の輪状のものは予備の弓弦を巻いておく「弦巻」右側のものは、昇段祝に師範の丹羽先生から頂いたもの
左下の手裏剣みたいなものは「籐べら(とべら)」弓の籐を巻く際に使う道具
右下は「麻ぐすね」
競技の時などは化学繊維でできた弦を使うので必要ありませんが、麻でできた従来の弦を使う際は、この麻ぐすねに松脂でできたクスネを付けて弦を擦り、麻弦にしみ込ませます。また、クスネは矢を番える弦の場所に中仕掛けを作る際などには、接着剤の役割もあります。
高校生の頃から、こなものは普通に手作りしてました。

夏のお酒 醸し人九平次 黒田庄に生まれて

オシャレなのはわかるけれど・・・・・
【銘 柄】 「醸し人九平次 黒田庄に生まれて」
【酒造蔵】 株式会社萬乗醸造 名古屋市緑区大高町西門田41
【味わい】 
夏限定ということで試しに買ってみましたが、冬に呑んだ純米吟醸の雄町よりも香りと味わいがさっぱりしている割には、意外と純米の酸味を感じます。心なしか酸味が荒っぽい味に感じました。ワインの苦手な私には九平次の味は舌に合いません。奥様も苦手だと。
【favorite】★★★

因みに、レベルの数字をGoogle地図の検索で入力すると、このお酒に使われている山田錦の自家栽培の場所を航空写真で見ることができますが、ちょっと凝りすぎ!?味で勝負してほしいな。

今日も訓練所

今日は梅雨の合間のせいか訓練所はにぎやかでした
今日しつけ教室に来ていた9頭の犬種はラブ以外に、
 ① スタンダード・プードル(結構大きい)
 ② バーニーズ・マウンテン・ドッグ(毛がポワポワ)
 ③ フラットコーテッド・レトリーバー(意外と静かにしていました)
 ④ シェトランド・シープ・ドッグ(いつもの常連で賢い)
成犬だけじゃなくて、先日引き取られた茶ラブの仔犬と人間の子供もいたのでにぎやかなしつけ教室となりました。
そのせいか、いつになくキースは落ち着かずジェントルリーダーを付けてもイマイチでした。性格がチキンンなもんで、知らない犬が多くいてビビっていたんでしょうかね!?
Photo
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 8か月振りに出会えた
  • 8か月振りに出会えた
  • 8か月振りに出会えた
  • 8か月振りに出会えた
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み 第一弾
  • 夏休み 第一弾
  • 夏休み 第一弾
  • 夏休み 第一弾
  • 最後の夏季休暇
記事検索
最新のお言葉
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ