Keith/キース Trever of International jp

寝てばかりの黒ラブ「キース」とオーナーの日常

2016年08月

ご近所発見 また八百津

自宅の外壁工事でキースを訓練所に預けて10日目、いつもソファーにドデンと寝そべっているキースがいないとやっぱり変!今週の土曜日には久し振りに会えるな・・・

閑話休題
可児に用事があり、昼過ぎまでかかったので気まぐれで八百津に行ってきた。台風一過で天候も回復したので、噂の大平公園のせせらぎを見て参る。

途中はこんな高架橋を走ったのね・・・橋のたもとでパーキングがあったので柵から外を見たらクラクラ眩暈が
自殺防止の看板が納得でした。

公園までは幹線道路から坂道をズリズリと走って下ります。
P8300011


思っていたよりも小さな公園? どこぞのファミリーがランチ中でした。
ここでれぐぽて連合が遊んでるのね~
_8300005


反対側では地元民数名が鮎釣りちう。
_8300010


そんなこんなで昼時になったので、ここはひとつテレビの旅番組でもおなじみの「三勝屋」で腹ごしらえ。
こんな食堂は結構好きですが・・・子供のころを思い出します。
実家の茅ケ崎でも昭和30年代はこんな店ばかりだった。
_8300020


本日はカレー中華そば(ラーメンではないよ)をいただく。机が傾いてるのか床が傾いてるのか分からん。
すっごく懐かしいカレー粉の味
IMG_0816

食後の腹ごなしに通りを少し歩いてみる。ここは東京にも店を出していた「酢ムリエ」で有名な内堀醸造の本店。
今は営業してません。

八百津は林業くらいしかこれといった産業がないのに、なぜか御嵩より立派な商店街があります。
しかも、15年ほど前までは名鉄八百津線が走っていました。なんで???

立派な酒蔵も複数あるし、貴船神社の大きなお祭りがあったり山間部にはすっごい高架橋がいくつもあったり・・
なんで???

丸山ダム、新丸山ダムの水力発電施設周辺地域交付金の恩恵???
_8300014


ここは岐阜のお酒が実は美味いということを認識した酒蔵「花盛酒造」
昔は時期になると蔵開きにきてお酒をしこたま買いました。
今はピアゴなどのスーパーにも出しているせいか、味が変わったと感じて呑みません。
_8300015

めがねと時計のお店。風情があっていいな
_8300021

ここは2012年に自己破産した古田酒造。何度か酒を買いにいったけど休日は開いてない。
近所のスーパーにも「雪中寒梅」なる酒を出していてうまそうになかったので呑んだことはありません。
_8300027

八百津橋を渡って帰りましょ。ここから自宅まで、山越えの超裏道で15分。
_8300022

ご近所 みたけの森へ

サンデー毎日でも体力をキープしたいのと、キースを訓練所に預けているので朝はヒマ!
ということで今朝は午前5時半から2か月ぶりにみたけの森にコッソリと参る。
(一応、開場時間は午前9時からとなっているので・・・)

とりあえず、今日は階段で南山公園の頂上を目指します。
ソランがいるときは、彼が一生懸命引っ張ってくれたのが思い出されます。
DSC_9021

南山公園の登場にはブロンズ像があります。
DSC_9030


B&G海洋センターと滑り台の向こうに御嵩町の景色が見渡せます。
DSC_9025

B&G海洋センターからも上れますが、まだこの時点で午前6時なので、海洋センター入り口は施錠されてます。
DSC_9028

ここの芝生で、ロングリードを付けてソランと走り回ったし、ここでボール投げの楽しみを知ったのかな・・・
今朝も小型犬を散歩させてる爺さまが何人かいました。
DSC_9029

そろそろ、みたけの森にかえりませう。
DSC_9031

帰りの階段は楽勝! でも、この時点で蚊に5か所刺された。
DSC_9032

あと少しでみたけの森の駐車場
ソランは後ろを振り返りながら待っていてくれたな・・・
DSC_9033

上の池にはまだそれほど水草が茂っていない
DSC_9051

下の池は水草だらけ
DSC_9037

気付けばカエデも実がなっている
DSC_9044

ハギの花・・・秋が近くなっている
DSC_9058

涼を求めて不動明王の滝????????

多治見に用事があったので、少し早めに家を出て多治見市小名田町の「不動明王の滝」を見に行く。
これ滝?????????????????????????????

以前からあることは知っていたし、珈琲ついでに行ける場所なので行ってみた。
県道381号線の多治見市小名田町から脇道に入っていきます。
お約束の隠れ家風の道ですが、期待してはいけません。
_8190002

カフェなどがある場所の駐車場奥に、滝への道があります。
_8190003

期待してしまう幟
_8190009

こんな期待を抱くような道をズンズン歩いていきます
_8190006


_8190018

_8190017

歩くこと数分、遠くに社が見えてきました。
_8190010

ありゃりゃ・・・・水が・・・少ない
_8190016

滝といっていいの・・・・ 小淵ダムから流れてるとはいえ・・・
_8190012

諦めて元の場所に戻りましょう

カフェといっても誰でも知ってるし、前は鰻屋だったところ
_8190034

周囲の雰囲気はよか!
_8190028

秋が見頃かな
_8190031

鰻屋の時には川に堰があって池のようだったのに、小川みたくなっとる
_8190023

ギャラリー(物販)、バームクーヘン製造販売、アトリエ、いろいろな複合施設になってます。
_8190029

_8190035

これで¥520 ノーコメント
IMG_0810

デートで行くにはよいかもね・・・

ご近所発見 鬼岩公園 編

今週16日にあまりにもヒマなのと、チョット残念な話があったので気分転換に自宅から車で15分ほどの鬼岩公園に行ってみた。

このくそ暑い中を行くなんて、これを無謀というんでしょう!!

鬼岩ドライブインの駐車場に車を停め、歩道橋で反対側の山に向かいます。
21号線から入る道のところに途中の橋が通行止めの看板がありますが、人は通れます。

地図に従って歩いていくとカフェ「Ryo-an」に行く呂久沢の森の入り口が見えます。残念ながら本日水曜日は定休日です。 
TVや雑誌で取り上げられてチョット人気があるようですが、オヂはあまり良いイメージはありません。
DSC_8850

呂久沢の森はこんな感じですが、夏はチョット・・・
DSC_8851

涼しいときにまた来ましょ
DSC_8780

さらにズンズン進むと、旅館「岩見亭」の手前に橋がありチョット涼し気
この橋が通行止めになっていますが、車は通れませんが人は大丈夫です。

橋が老朽化しているそうですが、ならトットト直せよ!!!
DSC_8781

鬼岩公園の登り口にある池に流れる滝。チョット人工くささありです
DSC_8784

公園の道を進むと(とっくに音が聞こえてますが)大きな滝があり、驚く!!
鬼岩公園ってばこんな滝があるなんて知らんかった

ということで、滝撮影用のNDフィルター、リモコンレリーズ、三脚すべて持ってきてないよ~
連日の夕立ちで水は少し濁ってます
DSC_8794


滝の上に進むと、アラアラ・・・涼し気な流れが・・・こういう景色大好きです
DSC_8805

水が綺麗だったらなお良かったのに・・・
DSC_8807

道はさらに進みます
DSC_8809


この景色は上る道の途中で、大きな岩の上を通ります。岩の先は柵などもなく、落ちれば絶壁!
(公園では過去に何度も死亡事故が起きているそうです)
DSC_8817


来た道を振り返り・・・駄目だこりゃ!!
夏にくる場所じゃないな この先を進むと展望台や松野湖があるんですが、トットト断念
アブや流れ落ちる汗で意気消沈です

(高い所も嫌いだし・・・)
DSC_8821



レストラン鬼岩でレトロな気分に浸りながら、高校野球を見ながら一休み
DSC_8861

やっぱし夏はこれ イチゴのかき氷
DSC_8865

涼しくなったら撮影機材一式背負ってまた来ましょ

思い入れのあるカフェに

可児に用があったついでに、以前から行こうと思っていたカフェに寄ってみる。お盆の真最中なので混んでいるかと思いきや、空いていたので懐かしく珈琲をいただく。

このカフェは8年ほど前に会社の大先輩Nさんが退職後に一時期オーナーをしていた店でしたが、今は名前も変わっています。
残念ながらNさんは8年ほど前に急逝されました。

Nさんとは富山営業所でご一緒で、私が御嵩に家を建てた時にNさんが八百津出身でご自宅が兼山であることを知って驚いた。名古屋に転勤後はご自宅に遊びにいったり、通勤で同じ電車だったりといろいろお世話になりました。

IMG_0808


店の外観や入り口も当時と同じでした。
IMG_0807

窓からは名鉄広見線が遠くに見えます。当時と同じ風景・・・
IMG_0802

珈琲カップの棚も同じだったな・・・
IMG_0804


IMG_0803

店のママさんとしばし当時の話をしながらモカをいただきました。美味!
そういえば、以前に来た時にもNさんの奥様が作ったチーズケーキを食べたッけ・・・
IMG_0801

ヒオモカフェのマスターとはお知り合いだそうです。へえ~!

16年間行けなかったカフェ

訓練所に通い始めてから約16年、旧中山道の行き帰りに看板の前を通り過ぎながら気になっていたカフェに立ち寄ってみる。
今日は岐阜ラブラドール・レトリーバークラブの役員会でちょうど良い機会でした。

訓練所から西へ、弁天池が目印です。ここから西方向(細久手方面)に30mほど行ったところへ。
DSC_8544

訓練所からはこの看板が目印。
DSC_8546

御嵩方面からはこの看板が目印。
DSC_8547

旧中山道から南の脇道に入っていきます。店はすぐそこです。
DSC_8550

すぐに明かりが見えてきます。
DSC_8596

手前の枕木が駐車場。停めるときには注意してください。
DSC_8593

スタスタと玄関へ。
DSC_8588

勇気をもって中に入りましょう。
DSC_8586

すでに素敵な空間ですが、カフェは1階です。あきらめずに声をかけましょう。
DSC_8583

天気さえ良ければテラス席がおすすめ。夏でしたが虫なんかいませんでしたよ。
DSC_8560

DSC_8562

DSC_8561

DSC_8565

今日はブレンドをいただきました。
DSC_8568

私的には飽きない景色です。
DSC_8574

店のご夫婦としばし話し込んでしまいました。

ということで、またまた浮き世に帰りましょう。

隠れ家ではないけれど・・・

今日は病院と八百津の渡辺屋さんで毎度の健康飲料を買った帰り道で、ついつい暑さにめげて久し振りに「ギャラリーかねやま」でアイスコーヒーを飲んでしまった。

前回伺ったのは5月の連休の雨の日でしたから、今日は晴天の下で景色と雰囲気を楽しんできました。

_8040001

駐車場から上に登っていくと、奥に綺麗なガーデニングが見えてきます。
_8040003

スタスタ進んで入り口に到着。
_8040005

木に囲まれた店に
_8040030

この階段を降りていきます。
_8040006



藪蚊を心配しましたが、写真には写っていない場所で蚊取線香が・・・
_8040012

今日はこんなアイスコーヒーで涼をとりましたよ。
_8040014

お昼にランチの予約が入っているそうで、店の方は忙しそうだったのでそそくさと帰ります。
_8040027

一度ランチしてみようかしらん。
でも食事は野菜だけの普茶料理(ふちゃりょうり)なので意外とお高いです・・・ので
しらたまぜんざいくらいにしとこか

あ、店内は土足厳禁です。
_8040028

階段を上って浮き世に帰りませう・・・
_8040018

究極の隠れ家に行ってみる

今日は可児に用事があったので、ある方からも頼まれていた究極の隠れ家「Hiomo Cafe」を探して行ってみました。
本当はあまり教えたくない・・・ほどの素晴らしいCafeでした。

可児方面から走る場合は「珈琲屋 幸」を通過します。
DSC_8341

少し走って
まずは、荒川豊蔵資料館の入り口を見つけましょう。
DSC_8409

荒川豊蔵資料館の入り口を通り過ぎて300mほど東に向かい、左の脇道に入っていきます。
「水谷商会」と書いてある小さな白い看板が目印です。

Hiomo Cafeの看板なんて一切ありません。道の左側は山ばっかり。大丈夫なんかい?と既に心細くなります。
DSC_8406

山道を入るとすぐに小さな工場みたいなものがありますが、そのまま道なりにズンズン進んでいきます。
もちろん車はすれ違いできません。天気がよくても木々が鬱蒼と茂った山道です。ピーカンの天気だからよかったものの雨でも降ってた日にはチョット怖いかも・・・
DSC_8405

しばらく走り続けると、木漏れ日の先になんやら人家が見えてきます。
DSC_8402

近くまで行くと古民家が見えてきます。
DSC_8383

おまちどおさまでした!ここが「Hiomo Cafe」
駐車場もあります。
DSC_8388

入り口は奥の木の引き戸です。暖簾がかかっているわけではありません。Openと書いてある小さな表示の横の引き戸を勇気をもって開けましょう。
DSC_8396

中はテーブル席が四つだけのこじんまりとした空間です。達磨ストーブは現役のようです。
DSC_8365

DSC_8366


窓の外には目に眩しい木々の眺め
DSC_8370

小さなランプがアクセントで、雨の日も良いかも。
DSC_8381


DSC_8373

メニューは珈琲とワッフル等のスィーツだけですが、マスターが大変フレンドリーな方なので楽しい会話のひと時を過ごせます。

「今年はセミがちっとも鳴かんね」
「イノシシがいるからマムシが少ない」
「この前イノシシの親子をひきそうになった・・・」 
「さすがにサルとクマはいないけどカモシカはおるやろ・・・」

御嵩に住んでると何とも普通の会話ですな。
DSC_8377

さてさて、浮き世にかえりませう。
DSC_8386


DSC_8398

水曜日休みです。(冬の時期の営業はまだ思案中だそうです)


Photo
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 夏休み 今年はこれでお終い
  • 8か月振りに出会えた
  • 8か月振りに出会えた
  • 8か月振りに出会えた
  • 8か月振りに出会えた
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み第一弾の二日目
  • 夏休み 第一弾
  • 夏休み 第一弾
  • 夏休み 第一弾
  • 夏休み 第一弾
  • 最後の夏季休暇
記事検索
最新のお言葉
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ