新キース・へこ太郎

お坊ちゃま黒ラブとへっぽこオーナーの日常

隠れ家Cafe

旧中山道太田宿とCafe

今日は午後から仕事はお休み
文化の森も先日降った雪はほとんどなくなり、子供が作った雪ダルマもどろだるまに・・・

日曜日は朝の7時半から2時間もかけて雪かきしたのに、融けるのはあっという間
雪景色を撮っておけばよかった
IMG_0976


せっかくの青空に誘われて職場の近くの旧中山道太田宿をふらつく。

中山道会館の南に流れる木曽川から可児方面を眺める
IMG_0980

1769年に建てられた国の重要文化財 旧太田宿脇本陣林家
奥に見えるのは奥座敷的な「隠居家(いんきょや)」・・・午前中に仕事で隠居家に来ていました

たまには仕事以外でお気楽に見るのもいいかも!
IMG_0985


さてさて、徘徊もてきとうに終わらせて以前から来ていたCafe「コクウ珈琲」で一休み

私が好きな景色の良い隠れ家ではありませんが外観と中身はレトロ
場所は分かっていましたが、いざ行こうと思ったら店に気付かず同じ道を何度も走ってしまいましたよ
IMG_0993

IMG_0992

正月明けからハードな仕事が続いていたので、ちょっとした息抜きでチョコケーキとコーヒーをいただく
IMG_0988

珈琲は美味しかったけれど、景色がないので一人でノンビリするのはチョット厳しいかな
IMG_0989

今日はカメラを持っていこうと思っていたのに、朝バタバタしてたら忘れた・・・
しょうがないのでスマホでの撮影でした・・・Photoshopで弄ってもイマイチ!

うっかり忘れていた店

今から10年くらい前に店の駐車場まで行ったら平日なのに超混んでいてスゴスゴと帰ってきたスイーツの店。

La Provinceへ参る

今日は朝から美濃加茂市役所本庁にヤボ用があったので帰りにちょいと寄ってみました。

なんっだってこんな山奥に店作るんでしょ? でも有名なお店です。
DSC_0941

これ、駐車場の入り口。どう見ても山の中です
DSC_0895

この看板で店の存在が分かります。
DSC_0892

目指すお店は階段を上った先に見えてきます。
DSC_0938

DSC_0934

店内はこじんまりとしていて眺望もナイスです
DSC_0900

DSC_0914

DSC_0910

さすがに祝日の翌日、午前10時の開店と同時に入ったので客は私だけ
ケーキとコーヒーのセットで攻めてみました。
DSC_0906

お味は 普通・・・・   珈琲は・・・普通・・・
DSC_0907

天気が良ければ雰囲気は好きです。
DSC_0929

暖かな時ならテラス席がよろしいかと・・・
DSC_0928


雑貨も売ってるようです。
DSC_0933

さあ、帰ってゆっくりと寛ぎませう

幸がなくなる・・・

久々利の珈琲屋幸に久し振りに行ってみる。紅葉はもう少し後ですが、いつ来ても癒される空間です。
今日は他にお客様が見えなかったので店のご主人と長い間話し込んでしまいました。
ご主人は元、有名な建設会社の方でその世界では有名な方だそうです(と本人が言ってましたが・・・)。
名古屋の中日ビルや椙山学園などの建設にも関わったそうです。

季節を感じるさりげない景色
DSC_0362

まだ紅葉には早い
店の南側の川の周囲はご主人がすべて手を入れて綺麗にしたそうです
DSC_0371

今日はコーヒーとスィートポテトをいただきました
スィートポテはサツマイモの甘みが程よく、美味でした
DSC_0366

絵になるな・・・
DSC_0367


元建設会社の方で拘りがあり、この小屋の建物の部材はすべてイギリスから取り寄せたそうです。
この写真の右手奥には、荒川豊蔵の娘さんが住んでるそうです。

ご主人から右の山の上に大きな池や面白いものが道にいろいろ並んでいるので、今から一緒に行こうか?
と誘われましたが、お客様がくるといけないので丁重にお断りしました。
DSC_0379

これも絵になるな・・・
DSC_0387

センスを感じる店内、すべてご主人の設計だそうです。
DSC_0391

この景色が見られるのも今年が最後。年内で店を閉じるそうです。
開店してから8年経って年には勝てずだそうです。

それにしてもこの景色はご主人が作り上げたものだとは・・・すごい!!!
DSC_0395

もったいないよな・・・誰にも引き継がないそうです。
DSC_0397

11月末には周り一面真っ赤に染まるそうです。
DSC_0402

よく調べたら隠れ家だった

多治見に用事があるたびに看板をみていた「Baum de Forest」ですが、看板が安っぽいのでこりゃいかんな・・・と思っていました。
ふとした拍子でネットで画像をみたらありゃ??木々に囲まれた店じゃん!
今日は仕事が休みなので自宅から近いのでちょいと行ってみました。

平日はオープンが10:00AMなので、ここからすぐ近くの虎渓山永保寺で少しだけ時間つぶし

幹線道路沿いにある林を入れば小路の先になんやら店が見えます
DSC_0333

残念なことに写真の左側はすぐに民家があり、幹線道路の騒音も聞こえてくる距離です
DSC_0354

テラス席はここだけ
奥に見えるのは食事スペースの建屋で、窓をとおして木々の景色が見えます
DSC_0339

雰囲気はOKですね
DSC_0341

店の南側がこんな感じ
DSC_0350

コーヒーは可もなく不可もなく普通の味
開店と同時に頼んだら速攻ででてきた??
DSC_0346

洋菓子の販売もしてますが、まあこんあもんでしょ
DSC_0338

次はないな・・・・

お目汚しついでに今朝の永保寺
こちらのほうが秋らしい風情でよろしかったですよ
DSC_0332DSC_0321
DSC_0325
DSC_0328
DSC_0331

平日休みも意外といいかも


サラリーマンの生活に戻る

久し振りに土曜日休みを実感しています。
つい一週間前まではサンデー毎日でしたが、仕事して休む生活もしんどいけれどメリハリがあっていいかも。

小春日和でお坊ちゃまもソファーでうたた寝。オヂは朝から近所の「Cafe de IWAI」で朝コーヒーを楽しんできました。

DSC_0313


近所すぎていつでも行けるからいいか・・・と思っていたカフェで、昼頃は奥様連中で混んでます。
やっぱしカフェは朝一番、開店と同時がよろしいようで。
DSC_0249

電線やら近くの建物が目に入るのがイマイチですが、のんびりとした雰囲気を味わうには手頃かと
DSC_0290

お庭がデコボコしているのはイノシシのせいです
DSC_0253

こじんまりとしていい感じ
DSC_0271

DSC_0273

今日は青空が気持ちよい!
DSC_0282

Cafe de IWAIはみたけの森の入り口にあるので、紅葉具合をみに森に行ってみる
DSC_0302

カエデはまだ一部しか色付いてません
DSC_0307

そうはいっても森自体は少しずつ秋が深まっています
DSC_0310

明日の日曜日は仕事なので、さあ、家に帰ってノンビリしませう
DSC_0308

久し振りに隠れ家へ

明日からの勤務の準備で、市役所に行ったりハローワークで手続きしたりと走り回った半日でした。
チョット休憩で自宅から10分くらいにある「Garden Cafe Garzzz」に行ってみる。

なかなかいい店でした。が、やかましいオバさん二人で店の雰囲気ぶち壊してたのは残念。

御嵩町伏見にあり、21号バイパスのすぐ近くなのに茂みの中にあるので全く分からない。車が停まってなければ廃屋??と間違えそう! 知らない人は入るのに勇気がいりそうです。
_A310046

門をくぐり少し奥に入ると建物が見えます。
_A310043

ここがカフェ
_A310042

南側の庭からみるとこんな感じのカフェ
_A310028

当然、テラス席でしょ
_A310002
_A310003
_A310020

奥に見える木々の向こうに21号バイパスが通っています
_A310019

庭の木にハンモックがあったり、雰囲気もなかなかでした
_A310023

ランチ時は結構にぎわうそうなので、珈琲をいただくなら午前中がお勧めのようです。

中濃地方の隠れ家も完結か・・・

岐阜県中濃地区の隠れ家もかなり訪問してみましたが、そろそろネタ切れの完結かな。

本日は、午前中に病院に行く予定があったのですが、真っ青な秋晴れの天候にフラフラと、鬼岩にある「了庵」に行ってみた。
数年前に一度行こうと思ったら、定休日で、しかも場所がよくわからないので断念した思い出があります。
DSC_9762

DSC_9757

開店が9:30なので早めに行って旅館の「了山」につながる「呂久沢の森」を歩いてみる。
川の流れは人の手が入っている感はありますが、苔むした石などそれなりの風情があるので良しとしとこう。


DSC_9709

DSC_9714

意外とカエデが少ないので、鬼岩公園の散策路のほうが秋は綺麗だと思う。
DSC_9717

DSC_9718

ここが店の入り口
DSC_9754

暖簾をくぐると右手には待合席が。ということはいつも混んでるということか。
DSC_9750

反対側の川岸から店の入り口を眺める
DSC_9707

テラス席も店の中も同じくらいの広さ
DSC_9731

DSC_9725

テラス席はこんな感じ
DSC_9735

木曽川国定公園内なのでもちろん全席禁煙。蚊取り線香くらいはいいんじゃね・・・
DSC_9733

川の水量が多くて騒がしかった・・・
DSC_9745


テラス席から見下ろすとこんな景色が
綺麗な水の流れは大好きです
DSC_9749

モーニング¥480 珈琲は美味でした
IMG_0906

夏の時期とオヤジは行かないほうがいいかな・・・

隠れ家を見つけた

可児に用事があったのと、気分転換をしたかったので関市富之保の「ひと葉」というカフェを探す。
今日は気分がさえないので文章はありません。

山奥ではありませんが、住所ではNaviで探せない・・・
お客は私一人・・・
珈琲はおいしかった・・・
テラス席はワンコOK・・・
飼ってた犬のドッグランありました・・・(去年虹の橋を渡ったそうな)
夏のテラス席は蚊が・・・

DSC_9552

DSC_9559

DSC_9550

DSC_9543

DSC_9548

ここはテラス席の前の庭の一部
DSC_9555

DSC_9558

新緑のころにまた来よう・・・

ここが喫茶店とは・・・

ピーカンの天気に誘われてまたまた八百津に行ってみる。

〇〇と煙は高いところに上るので、人道の丘にある遊具のてっぺんから名古屋方面を眺めました。

DSC_9391

電線が邪魔ですがここから撮影。やっぱし高いところは嫌いぢゃ・・・
DSC_9399

DSC_9395

さてさて、今日はついでに潮南にある古民家喫茶なる店にチョイ寄る。ここから車をぶっ飛ばせば10分くらいのところにある店です。


この絵だけ見たんじゃ絶対に喫茶とは誰も思わない。看板が無けりゃただの農家だべ!
DSC_9410

なんやら白い暖簾が見えますが
DSC_9411

ここまで来ると喫茶店に見えますだ
DSC_9408

これ、カウンター 暖炉は現役です
DSC_9403

店の女将さんと
棚田やおおひら公園の話題でしばしお話し
DSC_9400

メニューにはないけれどアイス珈琲をいただく
DSC_9407

まあ知ってる人は知ってる店ですが・・・
DSC_9413

涼を求めて不動明王の滝????????

多治見に用事があったので、少し早めに家を出て多治見市小名田町の「不動明王の滝」を見に行く。
これ滝?????????????????????????????

以前からあることは知っていたし、珈琲ついでに行ける場所なので行ってみた。
県道381号線の多治見市小名田町から脇道に入っていきます。
お約束の隠れ家風の道ですが、期待してはいけません。
_8190002

カフェなどがある場所の駐車場奥に、滝への道があります。
_8190003

期待してしまう幟
_8190009

こんな期待を抱くような道をズンズン歩いていきます
_8190006


_8190018

_8190017

歩くこと数分、遠くに社が見えてきました。
_8190010

ありゃりゃ・・・・水が・・・少ない
_8190016

滝といっていいの・・・・ 小淵ダムから流れてるとはいえ・・・
_8190012

諦めて元の場所に戻りましょう

カフェといっても誰でも知ってるし、前は鰻屋だったところ
_8190034

周囲の雰囲気はよか!
_8190028

秋が見頃かな
_8190031

鰻屋の時には川に堰があって池のようだったのに、小川みたくなっとる
_8190023

ギャラリー(物販)、バームクーヘン製造販売、アトリエ、いろいろな複合施設になってます。
_8190029

_8190035

これで¥520 ノーコメント
IMG_0810

デートで行くにはよいかもね・・・
Photo
  • ガズーで癒される
  • ガズーで癒される
  • ガズーで癒される
  • ガズーで癒される
  • ガズーで癒される
  • ガズーで癒される
  • 継続契約に
  • 継続契約に
  • 継続契約に
  • 継続契約に
  • 継続契約に
  • 継続契約に
  • 継続契約に
  • 継続契約に
  • 秋の長雨、部屋の中で大騒ぎ
  • 秋の長雨、部屋の中で大騒ぎ
  • 秋の長雨、部屋の中で大騒ぎ
  • 秋の長雨、部屋の中で大騒ぎ
  • 秋の長雨、部屋の中で大騒ぎ
  • ヒマだから「風見鶏」に行ってみる
  • ヒマだから「風見鶏」に行ってみる
  • ヒマだから「風見鶏」に行ってみる
  • ヒマだから「風見鶏」に行ってみる
  • ヒマだから「風見鶏」に行ってみる
  • ヒマだから「風見鶏」に行ってみる
  • ヒマだから「風見鶏」に行ってみる
  • 久し振りの写真アップ
  • 久し振りの写真アップ
  • 久し振りの写真アップ
  • 久し振りの写真アップ
  • 久し振りの写真アップ
  • 第10回 岐阜LRクラブ展の会場下見
  • 第10回 岐阜LRクラブ展の会場下見
  • 第10回 岐阜LRクラブ展の会場下見
  • 八百津の隠れ家へ
  • 八百津の隠れ家へ
  • 八百津の隠れ家へ
  • 八百津の隠れ家へ
  • 八百津の隠れ家へ
  • 八百津の隠れ家へ
記事検索
最新のお言葉
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ