新キース・へこ太郎

お坊ちゃま黒ラブとへっぽこオーナーの日常

私的にお出かけ

川の宝石

昨日から用事があって可児のハロワに行くのですが、家に居る時間を少しでも少なくしたいがために。
最近は結構辛いんです・・・・

そして、健康のためにもということでママチャリで可児まで往復しています。片道1時間。結構疲れる・・・当たり前~!
重たいカメラをぶら下げつつ川の生き物を眺めていると心が安らぎます。湘南育ちだけれど川のほうが好きかもしれない。
今度は椅子持参で長い時間狙ってみようかな!
DSC_9949

顔戸から可児までの川沿いの道も、ゆっくり走ると意外と素敵な景色が多いのです。
いくつかの区間は自動車進入禁止になってます。

ここもカワセミのいるポイント
DSC_9940

ここもカワセミのポイント
このあたりは自動車は進入できません。今日はここでおにぎりとコーヒーをいただきました。
DSC_9952

結局のところ、可児往復ではカワセミに出会えず。

しょうがないので、毎度の夕方の散歩で歩くこと5分、いつもの橋の手前でこのシルエット!
以前にも一度だけ見かけたポイントにカワセミのシルエット!

忍び足で見えないように近づきましたよ。
DSC_9968

自然の野鳥でこの美しさは変だろ!!!!!!  目立ちすぎるのは自然界ではありえない!!!
DSC_9975

いつもは週に2回程度は見るのですが、いっつも背中の青い羽根を見過ごすだけ。
すばしっこくて、臆病なので写真が撮れません。
DSC_9977



今日はどうしたんだろ。真後ろからシャッター音がパシャパシャしても逃げない。
DSC_9981

一度でも飛ぶ姿を見ると、青い背中の羽根が目に焼き付く美しい鳥。
カメラ爺が追いかけまわすのも理解できるけれど、我が家から500mくらいの場所にいます。

こんなに美しい姿を撮れたので何かいいことないかな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

富加町の清水寺へ

京都の音羽山清水寺と同じく、坂上田村麻呂の開基、円鎮大師の開山と伝わり、本尊の木造十一面観世音菩薩坐像は、国指定重要文化財となっていて、県指定文化財の二天門や地蔵菩薩立像をはじめ多数の文化財を有しているそうだ。

まっすぐに自宅に帰ってもお坊ちゃまはグースカピーだしな。
IMG_0908


ということで、昨日、病院の帰りに車で10分程度なので寄ってみた。
整備された美しい公園「清水谷川公園」があるとな・・・と富加町のHPに書いてあったのだが・・・

確かにここから見るとあずまやが見えるし。
DSC_9762

公園の駐車場、すでにこの時点で残念感満載!雑草だらけ。

夏から秋に変わる時期はスズメバチとヘビに気を付けないといけません。
古い建物などにはスズメバチが思わぬところに巣をつくていることがあるし、アオダイショウやシマヘビは大きいだけでびっくりする程度ですが、マムシやヤマカガシは枯れ枝と間違えてしまうし。
DSC_9763

雑草が生い茂るも流れは綺麗で良しとしよう。川を挟んだどちらの道からもお寺に行けます。
DSC_9764

二天門が見えてきましたが、落ち葉や枯れ枝が参道に転がって残念・・・
DSC_9865

二天門は古臭さが出ていて、これはこれで風情があって良しとしよう
DSC_9769

紅葉のころには綺麗かな
DSC_9870

本堂に向かう階段も掃除されてるようなそうでないような・・・
DSC_9776

少し上ると質素な鐘楼が見えてきましたよ。
DSC_9777

多少は掃除されているようですが、無住職なのか建物はだいぶ傷んでます。御嵩の願興寺ほどではないですが。
DSC_9782

本堂の少し上にも法堂がありますね。
DSC_9784

境内には小さな滝と池があります。これが見たかった。
DSC_9793

本堂の周囲にはガラス戸の建物や元は住職が住まわれていたような住居も一緒にあり、さほど傷んでいるようにも見えませんでした。小さなお寺といえばそれまでですがもったいないな。

さあ、家に帰りましょ。
DSC_9798

晩秋のころに日龍峯寺を見に行くついでに寄ってみましょうかね。紅葉が楽しみです。
※日龍峯寺は2㎞近い参道の周りがほとんどカエデなので、紅葉の見ごたえがありそう!
DSC_9808



中濃地方の隠れ家も完結か・・・

岐阜県中濃地区の隠れ家もかなり訪問してみましたが、そろそろネタ切れの完結かな。

本日は、午前中に病院に行く予定があったのですが、真っ青な秋晴れの天候にフラフラと、鬼岩にある「了庵」に行ってみた。
数年前に一度行こうと思ったら、定休日で、しかも場所がよくわからないので断念した思い出があります。
DSC_9762

DSC_9757

開店が9:30なので早めに行って旅館の「了山」につながる「呂久沢の森」を歩いてみる。
川の流れは人の手が入っている感はありますが、苔むした石などそれなりの風情があるので良しとしとこう。


DSC_9709

DSC_9714

意外とカエデが少ないので、鬼岩公園の散策路のほうが秋は綺麗だと思う。
DSC_9717

DSC_9718

ここが店の入り口
DSC_9754

暖簾をくぐると右手には待合席が。ということはいつも混んでるということか。
DSC_9750

反対側の川岸から店の入り口を眺める
DSC_9707

テラス席も店の中も同じくらいの広さ
DSC_9731

DSC_9725

テラス席はこんな感じ
DSC_9735

木曽川国定公園内なのでもちろん全席禁煙。蚊取り線香くらいはいいんじゃね・・・
DSC_9733

川の水量が多くて騒がしかった・・・
DSC_9745


テラス席から見下ろすとこんな景色が
綺麗な水の流れは大好きです
DSC_9749

モーニング¥480 珈琲は美味でした
IMG_0906

夏の時期とオヤジは行かないほうがいいかな・・・

鎌倉へ

10年振りに鎌倉へ(江の島までは先週来たけれど・・・)
高校の同窓会で懐かしの鎌倉と七里ヶ浜へ行ってきました。

車両も新しくなった江ノ電のお決まりの景色も改めてみると懐かしいね。

広瀬すずと山崎賢人主演の映画「四月は君の嘘」で高校が使われたそうで、江ノ電と一緒に走っている場面もありますね。

藤沢発 鎌倉行き「腰越から鎌倉高校前」まで


鎌倉発 藤沢行の七里ヶ浜駅から「峰ヶ原信号場」まで


さてさて、同窓会まで時間があるので鎌倉駅と鶴岡八幡宮にも寄ってみた。
鎌倉駅も雰囲気は似てるけど駅舎が新しくなったのか・・・・・
_A020002

八幡宮の二の鳥居から始まり三の鳥居まで続く「段葛」
_A020005

途中の左手には「鳩サブレ」の豊島屋は相変わらず
_A020009

2010年に倒木したのでやっぱり大銀杏が見えないのは寂しい。
舞殿の手前の両脇にある白いテントはなんじゃろな??
_A020024


10月の初旬・・・あっ! 小笠原流の流鏑馬!
馬場も準備が整いつつあるようです。

馬場を東に向かってみた景色。
実際に流鏑馬が始まると、最初に稚児が馬で西から東に向かって駆け抜けて馬場を清めます。
_A020025
流鏑馬の射手は、写真奥の東から西に向かい写真の右にある三つの的(正目の板)を射ぬきます。
その間、射手は馬の手綱は持ちませんし矢番えも見ないで行います。


ちょこっとでも弓道をやったことがある方へ
騎射(馬に乗って射る)は普通の弓道とは違い、昔の小笠原流本来の引き方で、「大三」なんかあ~りません。
両手の弽(諸弽)にはクスネをつけで弓返りさせません。※「てぐすね引いてまつ」という慣用句はここから出てます

矢は雁又(二股)の矢じりで矢が回転しないように羽根は4枚
弓は黒漆で弦も漆引きしたものを使います。


今も小笠原流宗家が参加するようです。
ここに竹に挟んだ柾目の四角い板を据えます
_A020018

因みに春の流鏑馬は武田流

源平池
(当時は弓道の練習などで紅白戦のことを源平戦といっていました。今もそうなのかな?)
_A020016

そんなこんなで小町通を歩いて鎌倉駅に戻ります。
小町通も高校生のころは静かな通りで、弓をかついで今はない市営弓道場に行ったのですが今は何とチャラい通りになったもんだ!!!!

デートの途中で入った不二家がまだあったのがせめてもの救いかな。
_A020027

さてさて、遠くに江の島を眺めながら鎌倉プリンスホテルで同窓会開始
_A020032

初めての同学年全クラス参加の同窓会で150名参加だとか
私ゃ307組でした
_A020031

また来年もやるみたい・・・

タイムスリップ

何年振りかで茅ケ崎市立松浪中学校(10期生)の同窓会に出席する。5クラスあって参加者が37名は多いんだか少ないんだか・・・

でも、幹事が頑張ってくれてサプライズでプロのヴィオラ演奏あり、お約束のビンゴ大会や二次会など、すっかりタイムスリップしてきました。ほとんどが小学校から一緒だけれども、名簿と顔を見ながら「お~!お前か」の連続。
_9240003


因みに、サプライズ演奏は同級生のお嬢さんで、姉妹デュオ「MARIERIKA」。
ANAの国際線機内のオーディオでも放送されてるそうです。

11月には茅ケ崎でコンサートをするそうです。
DSC_9585
(撮影とブログ投稿はご了解いただいてます)


今回の同窓会は、何か赤いものを身に付けての参加が条件だそうですが、知らんかった・・・

と言いながら二次会に向かう辻堂駅の西口
_9240012


日付が変わって9月25日
どうしても行きたくて朝から江ノ電で江の島方面にちょい寄り。

今は江の島灯台じゃなくて江の島シーキャンドルと言うそうな・・・時代が違うか・・・
(ヘリコプターと思ったら赤トンボでした。)
DSC_9621

この景色が見たかった。ホームの雰囲気はあまり変わってないかな。
噂には聞いていたけれど、スラムダンクの聖地だそうでホームにいる若い人はほとんど台湾系の人ばかり。
電車の中でも江の島駅でも中国語が飛び交ってました。
DSC_9641

なんで日坂(にっさか)というんだろ?
DSC_9599

これも日坂からの定番の景色。踏切が鳴り始めたらダッシュで藤沢行に飛び乗ったのは遠い昔!
DSC_9611

グランドや部室への近道。
昼に抜けだして鈴木病院の売店でペヤング焼きそば食べてたけれど、草に覆われていて門もできて入れません。売店もありません・・・
DSC_9601

元々、門扉なんかなかった自由すぎる変な学校だったけれど、今は普通の学校なのかね?
校舎の北から裏山に抜ける道もあっったり、どこからでも入れてどこからでも出られる学校でしたね。

スラムダンクに出てくる体育館は確かに見覚えある。
DSC_9610

江ノ電は車両が新しくなってもこの色がいいね
DSC_9625

さあ、とっとと岐阜に帰りませう。

家に居る場所がない・・・

台風が近づくさなか、時折小雨が降る休日ですがおぢのいる場所はないようだ。
「亭主元気で留守がいい」・・・確かに!

仕方がないので、いつか行こうと思っていた関市にある迫間不動尊に行ってみる。ここは中に滝があるので天気の良い日にそれなりの機材を持って行こうと思っていたので、まあちょうどいいか!

自宅から40分くらいで到着。意外と近いのね~!
_9190045

ちなみにこの小さな滝は、駐車場上にある産直の売店横を流れる川の滝。
_9190011


売店の間の鳥居を入るといよいよ境内に。
_9190006


上の本堂に行く途中にあるお地蔵さん(水子供養?)、薄暗いとチョット不気味かも・・・
ここまでで結構ずぶ濡れになった・・・(悲)
_9190037

上にある本堂を通りこしてさらに奥に進むと、奥宮への入り口の鳥居があります。
途中には数多の幟が並び、信仰の厚さを感じます。
_9190016

これ、奥宮の前にある滝。
_9190031

撮影場所が限られるので、全景は入らないけれど風情のある滝でした。
_9190018

鳥居をくぐると階段はさらに奥に続いており、多くの蝋燭が。
_9190024

本堂でお守りを買いましたよ。この頃いいことまったくないので、厄払いに!
昔はクリスチャンを目指していたのに、すっかり仏教に帰依したみたい。

神様仏さま!何かいいことないかしゃん!!! 頼むよ~!

雨も小降りになったので元来た場所に帰りませう。
_9190033

一の鳥居の横にある池
・・・なんか写りが変だ! 加工編集し過ぎたかしゃん?
_9190038

見渡すとカエデもたくさんあり、秋の紅葉が楽しみ
_9190043

本日の(自分への)お土産は般若湯(日本酒ともいう)、麦酒(ビールともいう)
ため息つきながら帰路につきましたとさ・・・

今回の写真は全てOlympus Stylus XZ-2で撮ったものです。レンズがF1.8で明るいし撮像素子は1/1.7型CMOS  NDフィルター機能があるので滝の流れを映すには最適な”コンパクトデジタルカメラ”。
少し古くて癖のあるコンデジですが、うまく撮れるとなかなかなの写真になりますだ。

ご近所発見 虎渓山永保寺編

キースのお預かりもあと少しで終了です。

今日は夜明け前に目が覚めてしまい、気になっている多治見の「虎渓山永保寺」に早朝から行ってまいりました。
多治見に用があるときは、必ず永保寺の看板を見ながら通過しているのです。

ひょっとして境内に入れるのは午前八時頃かな・・・と心配しながら目的地までぴったし30分。結構近い!

無料駐車場に車を停めて、ポテポテ歩くとそれらしい雰囲気となってきました。
(後から分かったのですが、この景色は裏口方面のようでした)
DSC_9472

坂を下っていくと、それらしいお堂の屋根が朝日に照らされて目に入ってきます。
これは国宝の観音堂の屋根だそうです。
DSC_9416

2003年に本堂が焼失してしまったことは記憶にありました。チョット残念。
DSC_9466

この建物は雲水の修行道場だそうで、修行の場なら新しくともよいか・・・
DSC_9451

立派な鐘楼もありますね。
DSC_9454

これがよく目にする池の景色。
建物は観音堂。
DSC_9423

お約束の写真、観音堂と無際橋。池の西側から。大きな池に見えますがそうでもないよ。
DSC_9425

カエデがたくさんあり秋は見ごたえがありそうです。
DSC_9437

東側から
DSC_9446


DSC_9456

横には土岐川が流れていて、この左手奥に「黒門」という本来の正門があるようです。
(ちなみに撮影場所はトイレの入り口でした・・・)
DSC_9449

DSC_9447

境内にはこんな流れもあります。
DSC_9436

あと少しでキースの話題がかけるかな。


ここが喫茶店とは・・・

ピーカンの天気に誘われてまたまた八百津に行ってみる。

〇〇と煙は高いところに上るので、人道の丘にある遊具のてっぺんから名古屋方面を眺めました。

DSC_9391

電線が邪魔ですがここから撮影。やっぱし高いところは嫌いぢゃ・・・
DSC_9399

DSC_9395

さてさて、今日はついでに潮南にある古民家喫茶なる店にチョイ寄る。ここから車をぶっ飛ばせば10分くらいのところにある店です。


この絵だけ見たんじゃ絶対に喫茶とは誰も思わない。看板が無けりゃただの農家だべ!
DSC_9410

なんやら白い暖簾が見えますが
DSC_9411

ここまで来ると喫茶店に見えますだ
DSC_9408

これ、カウンター 暖炉は現役です
DSC_9403

店の女将さんと
棚田やおおひら公園の話題でしばしお話し
DSC_9400

メニューにはないけれどアイス珈琲をいただく
DSC_9407

まあ知ってる人は知ってる店ですが・・・
DSC_9413

ご近所発見 また八百津

自宅の外壁工事でキースを訓練所に預けて10日目、いつもソファーにドデンと寝そべっているキースがいないとやっぱり変!今週の土曜日には久し振りに会えるな・・・

閑話休題
可児に用事があり、昼過ぎまでかかったので気まぐれで八百津に行ってきた。台風一過で天候も回復したので、噂の大平公園のせせらぎを見て参る。

途中はこんな高架橋を走ったのね・・・橋のたもとでパーキングがあったので柵から外を見たらクラクラ眩暈が
自殺防止の看板が納得でした。

公園までは幹線道路から坂道をズリズリと走って下ります。
P8300011


思っていたよりも小さな公園? どこぞのファミリーがランチ中でした。
ここでれぐぽて連合が遊んでるのね~
_8300005


反対側では地元民数名が鮎釣りちう。
_8300010


そんなこんなで昼時になったので、ここはひとつテレビの旅番組でもおなじみの「三勝屋」で腹ごしらえ。
こんな食堂は結構好きですが・・・子供のころを思い出します。
実家の茅ケ崎でも昭和30年代はこんな店ばかりだった。
_8300020


本日はカレー中華そば(ラーメンではないよ)をいただく。机が傾いてるのか床が傾いてるのか分からん。
すっごく懐かしいカレー粉の味
IMG_0816

食後の腹ごなしに通りを少し歩いてみる。ここは東京にも店を出していた「酢ムリエ」で有名な内堀醸造の本店。
今は営業してません。

八百津は林業くらいしかこれといった産業がないのに、なぜか御嵩より立派な商店街があります。
しかも、15年ほど前までは名鉄八百津線が走っていました。なんで???

立派な酒蔵も複数あるし、貴船神社の大きなお祭りがあったり山間部にはすっごい高架橋がいくつもあったり・・
なんで???

丸山ダム、新丸山ダムの水力発電施設周辺地域交付金の恩恵???
_8300014


ここは岐阜のお酒が実は美味いということを認識した酒蔵「花盛酒造」
昔は時期になると蔵開きにきてお酒をしこたま買いました。
今はピアゴなどのスーパーにも出しているせいか、味が変わったと感じて呑みません。
_8300015

めがねと時計のお店。風情があっていいな
_8300021

ここは2012年に自己破産した古田酒造。何度か酒を買いにいったけど休日は開いてない。
近所のスーパーにも「雪中寒梅」なる酒を出していてうまそうになかったので呑んだことはありません。
_8300027

八百津橋を渡って帰りましょ。ここから自宅まで、山越えの超裏道で15分。
_8300022

ご近所 みたけの森へ

サンデー毎日でも体力をキープしたいのと、キースを訓練所に預けているので朝はヒマ!
ということで今朝は午前5時半から2か月ぶりにみたけの森にコッソリと参る。
(一応、開場時間は午前9時からとなっているので・・・)

とりあえず、今日は階段で南山公園の頂上を目指します。
ソランがいるときは、彼が一生懸命引っ張ってくれたのが思い出されます。
DSC_9021

南山公園の登場にはブロンズ像があります。
DSC_9030


B&G海洋センターと滑り台の向こうに御嵩町の景色が見渡せます。
DSC_9025

B&G海洋センターからも上れますが、まだこの時点で午前6時なので、海洋センター入り口は施錠されてます。
DSC_9028

ここの芝生で、ロングリードを付けてソランと走り回ったし、ここでボール投げの楽しみを知ったのかな・・・
今朝も小型犬を散歩させてる爺さまが何人かいました。
DSC_9029

そろそろ、みたけの森にかえりませう。
DSC_9031

帰りの階段は楽勝! でも、この時点で蚊に5か所刺された。
DSC_9032

あと少しでみたけの森の駐車場
ソランは後ろを振り返りながら待っていてくれたな・・・
DSC_9033

上の池にはまだそれほど水草が茂っていない
DSC_9051

下の池は水草だらけ
DSC_9037

気付けばカエデも実がなっている
DSC_9044

ハギの花・・・秋が近くなっている
DSC_9058
Photo
  • 久し振りに休みに
  • 久し振りに休みに
  • 久し振りに休みに
  • 久し振りに休みに
  • 久し振りに休みに
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 暖かな一日
  • 取り敢えずの桜
  • 取り敢えずの桜
  • 取り敢えずの桜
  • 取り敢えずの桜
  • 春だ!
  • 春だ!
  • 春だ!
  • 春だ!
  • 春だ!
  • 春だ!
  • 春だ!
  • 春だ!
  • 隠れ家だけど次はないでしょう
  • 隠れ家だけど次はないでしょう
  • 酔いが回った・・・
  • 酔いが回った・・・
  • 酔いが回った・・・
  • 酔いが回った・・・
  • 酔いが回った・・・
  • 酔いが回った・・・
  • 酔いが回った・・・
  • 山羊もいいね
  • 山羊もいいね
  • 山羊もいいね
  • 山羊もいいね
  • 今日は無理やり休みにした
  • 今日は無理やり休みにした
  • 今日は無理やり休みにした
  • 今日は無理やり休みにした
  • 今日は無理やり休みにした
  • ぽぇ~っとした休日
  • ぽぇ~っとした休日
  • ぽぇ~っとした休日
  • ぽぇ~っとした休日
  • 訓練所に行くとホッとします
  • 訓練所に行くとホッとします
  • 訓練所に行くとホッとします
  • 訓練所に行くとホッとします
  • 休日なのに仕事した気分・・・
  • 休日なのに仕事した気分・・・
  • 休日なのに仕事した気分・・・
  • 休日なのに仕事した気分・・・
  • 休日なのに仕事した気分・・・
  • 休日なのに仕事した気分・・・
  • 休日なのに仕事した気分・・・
  • 休日なのに仕事した気分・・・
記事検索
最新のお言葉
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ